栗東よしおか小児科院長プロフィール


吉岡 誠一郎 

生年月日: 1974年8月30日
出身地: 滋賀県栗東市

血液型: O型
  

 

職業: 小児科医

資格:

日本小児科学会認定 小児科専門医

日本小児神経学会認定 小児神経専門医

日本てんかん学会認定 てんかん専門医

日本人類遺伝学会認定 臨床遺伝専門医

 

1974年に滋賀で出生。

小学5年生まで大津にいました。6年生から父の転勤で横浜へ。中学高校は横浜のとあるマンモス校へ、その間に他の家族は滋賀に戻ってしまい、高校時代は一人暮らしでした。単に英語より理数系の成績がましで、でも工学部とか行って高等物理や数学をするほどの根性も無いというだけで無謀にも医学部を志すことにしましたが、当時の友人には三浪しても無理だと言われてました。卒業後は1年間だけK塾京都校を経て、島根医科大学に拾っていただきました。大学時代はオーケストラに入りチェロばっかり弾いてました。何とか卒業して国家試験に合格して医師免許をいただけました。

学生時代に神経学に興味を持ち、神経内科とか精神科とかと考えていたときに、小児神経という世界を知りました。そこには何も悪いことをしたわけでもないのに幼くして病気になり、長い期間(多くは一生)背負いながら懸命に生きている子たちがいることを知り、ここしかない!って感じで小児科に飛び込みました。

2000年に島根医科大学(現島根大学医学部)を卒業し同大学病院小児科、市中病院、県立病院新生児科、国立小児神経専門施設、離島の小児医療を経験後、2007年に故郷の滋賀に帰り、2008年から滋賀医科大学で主に小児の神経や発達の診療に携わってきました。そして小児科医になり15年たち、このたび滋賀県栗東市に「栗東よしおか小児科」を開院することとなりました。よろしくお願いします。

 

経歴:

平成12年 島根医科大学小児科研修医

平成13年 市立長浜病院小児科研修医

平成14年 県立岐阜病院新生児センター(現岐阜県立総合医療センター)

平成15-16年 国立精神神経センター武蔵病院小児神経科レジデント

平成17年 島根大学小児科

平成18年 隠岐広域連合立隠岐病院小児科

平成19年 草津総合病院小児科

平成20年 滋賀医科大学小児科

平成27年 栗東よしおか小児科